みずほ銀行で外貨両替

みずほ銀行で外貨両替をする場合、両替手数料は1ドル3円、1ユーロ6円、1ポンド11円位で、他の大手銀行と比べて割高感があります。
また他行同様専門の両替ショップを持っていますが、他行のように空港に窓口はありません。
ショップ数も東京都内で6店舗のみです。
ショップの手数料は銀行窓口よりも安く設定されており、米ドルが30銭安、ユーロは2円安、ニュージーランドドルは1円50銭安とかなり割安に見えますが、それでも他行の手数料にようやく追いつく程度です。
ただし、みずほ銀行は売却時に手数料の優遇を受けられるメリットがあります。
各行で米ドル1000ドルを売却する場合の手数料は、三井住友銀行で3000円、三菱東京UFJ銀行で3000円(ショップ2800円)、みずほ銀行は3000円(ショップ2700円)となり、実はみずほ銀行のショップが最安です。
また、みずほ銀行の場合、手数料以上の有難さがあります。
窓口の営業時間が休日も19時と遅くまで開いているのです。
私はかつてマレーシアリンギットを両替するのに街中で取扱い店が見つからず、たまたま見つけたみずほ銀行の窓口でギリギリ両替が間に合ったことがあり、その時はみずほ銀行様様でした。
困ったときのみずほ銀行と覚えておきましょう。