新生銀行のつなぎローンの諸費用はいくら?

新生銀行のつなぎローンの契約に際してかかる費用は、利息や融資事務手数料といった主な費用の他にも収入印紙代や登記費用がかかります。
収入印紙代は契約金額によって異なり、仮に契約金額が3,000万円であれば2万円の収入印紙代が必要になります。
この収入印紙代は、初回融資日確定後にアプラスから送られてくる金銭消費貸借契約証書へ貼る必要があります。
また登記費用ですが、これは土地取得をする際に必要になってきます。
必要なケースは、土地の所有権移転登記費用、抵当権仮登記の設定費用、抵当権仮登記の抹消費用などです。
最初の2つの登記費用は融資時に、最後の抵当権仮登記の抹消費用は返済時に支払う必要があります。
つなぎローンはこうした諸費用もかかりますので覚えておきましょう。