インターネット光違約金について

インターネット光回線の業界も競争が激しいようで、キャリアやプロバイダーは色々なキャンペーンや割引を行なっています。
全国的なエリアを誇るNTTの場合、回線引き込み工事費用、新規加入割引、長期契約割引などが用意されています。
これらの割引を適用すると月額利用料が数千円程度値引きされるのですが、良いことばかりではありません。
2年契約という条件付きなので、契約開始から24ヶ月以内に解約すると違約金が発生してしまうのです。
家庭向けのフレッツ光の場合、1年以内の解約で1万円程度、2年目の解約で5,000円程度の金額を請求されます。
違約金を払わずに済む方法は、25ヶ月目の1ヶ月以内に解約をする以外に方法はありません。
最近では「乗り換えキャンペーン」と称して違約金を肩代わりしてくれる業者も出てきていますので、それを利用するのも有効な方法です。
フレッツ光体験談大暴露!乗換えするメリットは?【格安申込みはここ!】